HOME > 診療案内 > 歯を失ってしまった方へ

歯を失ってしまった方へ

歯を失ってしまった方へ
症例や生活習慣、ご年齢に合わせてより最適な治療を選択します。
入れ歯は保険から自費のものまで幅広くご用意。

入れ歯とブリッジの違い

失ってしまった歯を補う際には、入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つの選択肢があります。

当院では、保険適用のブリッジで対応することがほとんどですが、ブリッジに対応できない症例の方や、定期的なメンテナンスが難しい高齢者の方などには入れ歯治療をおすすめしています。
患者さんの症例やご年齢、ご要望に合わせてより最適な治療法を選択してまいります。

入れ歯治療への取り組み

入れ歯治療への取り組み

当院では、新しく入れ歯を作製される患者さんはもちろん、現在装着している入れ歯に違和感をお持ちの患者さんの治療にも力を入れています。
長年装着している入れ歯ですと、噛み合わせがズレてしまっていて徐々にフィットしなくなっているものが多いのです。
その場合、現在の口腔内にしっかりフィットする入れ歯を作製し直します
また、噛み合わせに問題がなくてもなぜか噛めないという入れ歯においても、噛めない原因を解明して改善していきます。

保険内のものから自費治療のものまで幅広い種類の入れ歯をご用意しておりますので、患者さんの症例や要望、生活習慣に合わせて最適なものをご提供させていただきます。
入れ歯であってもずっと美味しく食事ができるようサポートしてまいりますので、入れ歯でお悩みの患者さんは一度ご相談ください。

入れ歯治療のメリット
  • 大きな欠損にも対応可能
  • 隣の歯を削る必要がない
  • 取り外しが可能なため手入れがしやすい
入れ歯治療のデメリット
  • 隣の歯にバネをかけるため負担がある
  • 咀嚼力が低い
  • 装着時の違和感がある
  • 発音がしにくい
  • 食べ物が詰まりやすい
保険診療と自由診療入れ歯の違い
詳しい内容を確認したい場合は表をクリックしてください。





ブリッジ治療への取り組み

ブリッジ治療への取り組み

ブリッジとは、失ってしまった歯の両隣の歯を削って土台をつくり、橋渡しのように人工歯を入れる治療法です。

保険治療が可能なため、歯を欠損してしまった患者さんにはまずはブリッジ治療をおすすめしています
さらに、見た目も自然ですし機能性も高いため人気もあります。

ブリッジ治療のメリット
  • 固定式のため違和感が少ない
  • 保険適用内である
ブリッジ治療のデメリット
  • 両隣の歯を削る必要がある
  • 歯肉との間に食べ物が詰まりやすい
  • 発音がしにくい
  • 対応できない症例がある
飯田歯科医院 047-351-3385