HOME > 診療案内 > 小児歯科

小児歯科

小児歯科
お子さんの恐怖心をなくすために優しく笑顔で接します。
幼少期から丈夫で健康な口腔内を実現し、虫歯予防に努めましょう。

小児歯科の重要性

小児歯科の重要性

乳歯はどうせ永久歯に生え変わる歯だから、虫歯になっても構わないと思っていませんか?
実は、乳歯の虫歯はその後生え変わる永久歯の健康に大きく影響を及ぼすのです。

乳歯のうちからお口の中のケアを行っていくことで、生涯虫歯になりにくい歯をつくることができます。
しかし、お子さんはご自身の歯の健康について全く感心がないことがほとんどです。
そのため、親御さんが小児歯科の重要性をしっかりと認識いただくことで、お子さんのお口の中の健康をお守りいただきたいのです。

優しく明るく接しています

優しく明るく接しています

大人であっても歯科医院にマイナスイメージを持たれている患者さんがいらっしゃるのですから、お子さんにとって歯科医院は「怖い、痛い」といった強い恐怖心のある場所です。

お子さんに少しでも恐怖心や緊張感を和らげていただくため当院では、絶対に怖がらせないで優しく明るく接することを心がけております。
スタッフも全員子ども好きですから、笑顔で世間話をしながら仲良くなってしまうのです。
ゆっくりとお子さんのペースに合わせて治療を進めていきますので、怖がってなかなか歯科医院に行こうとしないお子さんをお持ちの親御さんも、ご安心して来院ください。

子どもの予防歯科

子どもの予防歯科

お子さんの歯科治療の場合、虫歯治療や矯正治療のほかに、予防歯科が大変重要となってまいります。

当院では、お子さんの予防歯科治療に力を入れ、定期的にケアを行うことで丈夫な歯をつくっていきたいと考えています。
まずは、予防歯科の大切さや治療内容を親御さんにしっかりとご説明した上で、フッ素塗布やブラッシング指導を丁寧に行っていきます。

フッ素塗布
虫歯予防の効果があるとされているフッ素を、歯に直接塗布する予防法です。
歯の再石灰化を促す効果や細菌の活動を抑制してくれる効果がありますので、定期的な塗布をおすすめします。
ブラッシング指導
幼少期から習慣的に正しい歯磨きを行うだけで、生涯虫歯や歯周病になりにくい口腔内をつくることができます
歯科衛生士の指導の元、親御さんと共に正しいブラッシング方法を学んでいただけます。
飯田歯科医院 047-351-3385