飯田歯科医院ブログ

2015年2月27日 金曜日

オーソモレキュラー療法

東京マラソンで東京が盛り上がってる時に、僕はオーモスレキュラー療法の勉強会に参加してました

分子整合栄養医学(オーソモレキュラー療法)とは
1950年代後半米国にて始まった分子生物学が発展したのが分子整合栄養医学で
「人間の身体の整合を分子(細胞)レベルで考え必要な栄養素を最適な組み合わせと量を上手に使うことによって、栄養学、病理学的な作用で病気を治療・予防しようという考え」   (MSS資料より)

講師は 新宿溝口クリニック 溝口 徹 先生でした
先生はオーソモレキュラー療法をベースに色々な栄養や食事に関する本を数多く書いてる有名な先生で
出席されてる先生のほとんどは医師の先生が多く居ましたが歯科医師の先生も来ていたそうです

治療法の概要としては
血液検査データの生化学的解釈によって患者さんの栄養状態や病態を把握しその方にあった栄養素を摂取してもらって様々な症状を軽減していきます

例えば

歯科領域だけでも身体の栄養状態は様々な形でお口の中に出てきます
口内炎であったり・歯茎からの出血・口が渇く・口臭がする・食べ物が呑み込みにくい・型取りの時に嘔吐感がある・口角炎になりやすい・べろに溝が有る・舌がピリピリする・口が渇きやすい・知覚過敏の症状が有るなど

疲れてるんだよ~、ビタミン不足、寝てる時に口を開いてるから、のどに炎症が有るから
などと言われていたのが、もしかしたらその人に必要な栄養素が足りなく色々な症状が出てるのかもしれません

では、何が足りなくてそんな症状が出てるか? それを血液検査のデータを元に足りない身体の中の栄養素
を補って中から直して行こう!と言う治療法なんですね、なかなか面白いと思いませんか?

今月もこの療法の勉強会に出席します、いまから楽しみです。

 











投稿者 飯田歯科医院 | 記事URL

2015年2月21日 土曜日

今週末

今日は地元の豊受神社の新年会です

浦安の神社は猫実地区に豊受神社、堀江地区には清龍神社、当代島地区には稲荷神社の三社が有ります

医院の前の川を境川と言いますが、名前の通り浦安の猫実と堀江を境川が別けてます
医院から橋を渡って3分もかからない清龍神社は目の前に有るのに川向うになってしまうので
歩いて15分以上もかかる豊受神社が家の氏神様になるんですね

今日は豊受神社の世話人をさせていただいてる関係で新年会に呼ばれてるんですが

趣味でお囃子をしてるので「浦安丸音会」と言うお囃子の会の一員として出席します

入場してくるお客さんにお囃子を聞かせる「むかえ囃子」を頼まれてるので、もしかしたら篠笛担当で演奏
するかもしれません、今から少し緊張((笑)

同じ時間から浦安小学校時代の同級生が新年会をやっているので神社の新年会終了後
直ぐ同窓会に合流です

明日は「オーソモレキュラー治療法」と言う、栄養と食事による新しい治療法の勉強会に出席

主に医科の先生方が多いのですが歯科治療にも何か役に立てばと思い勉強してきます

それと、明日は東京マラソンですねランニング部の一人が今回出場するのですが応援に行けないので
勉強会後その慰労会には出席予定

忙しい週末になりそうです、、、、


投稿者 飯田歯科医院 | 記事URL

2015年2月20日 金曜日

警察医の更新

任務期間満了につき再び警察医の更新となりました

東日本大震災では歯科医の働きで多くの方々の身元を確認することが出来ました

一昨年の警察歯科医会で当時のお話を聞きましたが、道路が閉鎖されてる状況で
千葉から現場に赴いた先生達の貴重なお話を聞き、先生達の勇気と気迫に感動したことを
覚えてます

僕の同級生も仙台にて被災した状態でも要請を受け現場で頑張っていたそうです

あらためて歯科医師の重要性を感じます

まだまだこの分野の勉強も経験も足りないけど、これからも微力ながら出来る限り
協力していきたいです

投稿者 飯田歯科医院 | 記事URL

2015年2月10日 火曜日

最近の根の治療を考える

歯医者で根の治療をするときに使う針の様な道具をリーマー、ファイルなどとと言います

根の中を綺麗にする為に太さや形が色々有るそのファイルを使って感染してる歯質や神経を取り除いていくんですが

最近はその動作を数本のニッケルチタンのファイルを使い、チタン素材の特性を生かし細い所まで入り込み中を綺麗に拡大して行くシステムがかなり進歩してきました、マイクロスコープとの併用で根の治療が短時間で早く確実に終わらせられる様に成ってきてます。

僕が卒業してもう20年以上経つけど数年前まで大学に残っていた時ほとんどの先生が使っていた根の薬は最近は使わなくなってます

先日も最新の根管治療と各社が出してるニッケルチタンファイルの特性を勉強するセミナーに出席してきました

保険医として保険の範囲内でどこまでその治療を取り入れられるか、治療の結果が目に見えない地味な治療ですが最前の治療をなるべくみんなに受けられる様に日々努力したいですね!





投稿者 飯田歯科医院 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
飯田歯科医院 047-351-3385
アクセス



〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-2-6

詳しくはこちら