飯田歯科医院ブログ

2015年2月10日 火曜日

最近の根の治療を考える

歯医者で根の治療をするときに使う針の様な道具をリーマー、ファイルなどとと言います

根の中を綺麗にする為に太さや形が色々有るそのファイルを使って感染してる歯質や神経を取り除いていくんですが

最近はその動作を数本のニッケルチタンのファイルを使い、チタン素材の特性を生かし細い所まで入り込み中を綺麗に拡大して行くシステムがかなり進歩してきました、マイクロスコープとの併用で根の治療が短時間で早く確実に終わらせられる様に成ってきてます。

僕が卒業してもう20年以上経つけど数年前まで大学に残っていた時ほとんどの先生が使っていた根の薬は最近は使わなくなってます

先日も最新の根管治療と各社が出してるニッケルチタンファイルの特性を勉強するセミナーに出席してきました

保険医として保険の範囲内でどこまでその治療を取り入れられるか、治療の結果が目に見えない地味な治療ですが最前の治療をなるべくみんなに受けられる様に日々努力したいですね!







投稿者 飯田歯科医院

飯田歯科医院 047-351-3385
アクセス



〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-2-6

詳しくはこちら