飯田歯科医院ブログ

2014年10月 4日 土曜日

正しい噛み合わせのつくり方

前回、悪い噛み合わせがお口の中や全身に及ぼす悪影響についてお伝えいたしました。
では、正しい噛み合わせをつくるためにはどんな治療をお受けいただけばいいのでしょうか?

まずは、噛み合わせのズレが比較的少ない場合です。
その場合は、セラミックやジルコニアなどの詰め物や被せ物を用いて補うことで調整できます。
健康な歯は、1本につき0.5ミリまで削ることができます。全体で3ミリ程のスペースを利用して正しい噛み合わせをつくることができる症例の場合、セラミックなどの補綴治療が可能となるのです。

続いて、大きく噛み合わせがズレてしまっている場合です。
こちらは、矯正治療で歯全体を動かして根本から噛み合わせを改善する必要があります。
治療の際には、キレイな歯並びを実現するだけでなく、しっかりと噛める機能性の高い噛み合わせを考えながら歯を動かしていきます。

代表的な噛み合わせ治療をご紹介いたしましたが、当院では常に、正しい噛み合わせをつくることを考えながらすべての歯科治療を行っています。
次は、私自身が噛み合わせを重要だと考える理由や、どんなことに気をつけて治療を行っているかなどお話したいと思います。

投稿者 飯田歯科医院

飯田歯科医院 047-351-3385
アクセス



〒279-0004
千葉県浦安市猫実5-2-6

詳しくはこちら